ファッション

トランプ夫人、就任式で「ラルフ ローレン」着用

 20日、アメリカ・ワシントンD.C.で開催されているドナルド・トランプ(Donald Trump)新米国大統領の就任式で、新ファーストレディーとなるメラニア(Melania)夫人は、かねてからのウワサどおり、ラルフ・ローレンがデザインしたドレスとジャケットを着用した。

 ジャケットのデザインは、水色のカシミヤのダブルフェイスで、ボリュームのある襟元が特徴。どこか、ジャクリーン・ケネディのスタイルをほうふつとさせる1960年代風のシルエットだ。

 ラルフ・ローレンは「大統領の就任式は、アメリカのベストを世界に見せる時。この瞬間に象徴的なアメリカンスタイルを作り、祝福することはとても重要な役割だった」とコメントしている。

 就任式に参列しているヒラリー・クリントンも同じく「ラルフ ローレン コレクション」の白いパンツスーツを着ている。

【関連記事】
トランプ夫人が大統領就任式で着用するブランドは?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら