ニュース

はるやまが「No残業手当」導入 残業しない社員を評価

 はるやまホールディングスは、残業をしない生産性の高い社員への評価制度として「No残業手当」を4月度からスタートする。同制度は、月間の残業時間ゼロの社員に対して、月ごとに1万5000円を支給するもの。現在の売り上げ維持と残業ゼロ時間によって予想される企業利益を、社員に還元する仕組みだ。対象は管理監督者を除く正社員1267人。

 さらに実残業による残業手当は、従来と変わらず実働分全額を支給する他、残業手当が発生した場合でも、月間1万5000円未満の場合は1万5000円から差し引いた金額を支給する。

【関連記事】
週休3日制を大手アイラッシュサロンが導入した理由
「女性が働きやすい企業」1位にスタートトゥディ

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら