ファッション

「ジョン ローレンス サリバン」がロンドンメンズで初のショー

 「ジョン ローレンス サリバン(JOHN LAWRENCE SULLIVAN)」は2017年1月6~9日に開催される、17-18年秋冬ロンドン・メンズ・コレクション(以下、ロンドンメンズ)でランウエイショーを行う。ショーは9日12時で、場所はロンドンメンズのメーン会場となるBFC ショースペース。海外でのショーは14-15年秋冬のパリ・メンズ・コレクション以来となる。

 ブランドは約1年前から、「クリストファー シャノン(CHRISTPHER SHANNON)」や「ジェームス ロング(JAMES LONG)」を扱うロンドンのコンクリート プロジェクトとPR契約を結んでいる。ショー再開の地にロンドンを選んだ理由は、PRを通じて得た手応えだった。「パリでPRを行っていた頃には難しいと思っていたことが、ロンドンではハマった。サンプルのリースが増え、ヨーロッパの良い雑誌にも掲載されるようになってきた。もともと海外のモード誌に登場するブランドでありたいと思っていたのでロンドンで手応えを感じ、その良い流れでショーをやってみようと思った」と、柳川荒士デザイナー。

 ロンドンメンズについては「フレッシュなブランドが多く、そういう人たちのテンションが好きだった。何か良い相乗効果が起こるかもしれない。あまり深くは考えず、自分が信じたもの、発表したいものをダイナミックに見せたい」と話した。

 現在、海外での卸先は約20軒。ブラウンズとエクスクルーシブ契約を結んでいたため、英国内では他店と取り引きを行えなかったが、17-18年秋冬からは拡販する。「英国のクライアントの反応が良かったので、ショーをきっかけに卸先を増やしたい。日本同様、自分たちが良いと思った店と一緒にやりたい」とビジネス面での期待を語る。

 「そろそろボクシング人生よりも、デザイナー歴の方が長くなってきた(笑)。今は初めてランウエイショーをした頃や、パリでコレクションを発表した頃のように、自分が一番ワクワクしている。こんな小さな会社なのに頑張ってくれているスタッフにも感謝したい」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら