ファッション

「ヴォーグ ジャパン」が選ぶ今年輝いた女性に高畑充希や渡辺直美らが選出

 「ヴォーグ ジャパン(VOGUE JAPAN 以下、ヴォーグ)」は11月24日、スタイル・生き方・美において「ヴォーグ」読者に影響を与え、各分野で活躍した女性を選ぶ「ヴォーグ ジャパン ウィーメン オブ ザ イヤー 2016(VOGUE JAPAN Women of the Year 2016)」の授賞式を都内で行なった。今年で12回目を迎える同賞には、安藤サクラ(女優)、金藤理絵(競泳選手)、木村佳乃(女優)、小池百合子(都知事)、高田茜(女優)、高畑充希(女優)、村田沙耶香(作家)、渡辺直美(芸人)が選出された。昨年に引き続き、今後の活躍が期待される女性に贈る「ライジングスター オブ ザ イヤー(Rising Star of the Year)」には、モデルの福士リナが選ばれた。

 この日の東京は、11月には異例の初雪。そんな中、受賞者は華やかな衣装でレッドカーペットに登場した。ハリー杉山とトレンディ エンジェルの斎藤司がエスコートを務めた。安藤サクラは全身「ヴァレンティノ(VALENTINO)」、高畑充希は全身「グッチ(GUCCI)」、木村佳乃は「ブルネロ クチネリ(BRUNELLO CUCINELLI)」のドレス、村田沙耶香は「トーガ(TOGA)」のドレスなどラグジュアリーな衣装を着用した。

 渡辺直美は受賞について、「この賞を受賞して、さらに美しい女性になりたいと思った。(ファッションポイントについては、)あえてポップな衣装を選んだ。自分に合うサイズがないので、衣装は自作した。本当は胸元にレースがあったが、着用した時に全て破けてしまった。結果的にオシャレになってよかった」と語った。

 「ライジングスター オブ ザ イヤー」を受賞した福士リナは、「大変光栄に思う。モデルを始めてからの3年間を、まだ振り返る余裕はないが、もっともっといろんな仕事がしたい。今後は、自分なりの福士リナを確立させたい」と意気込みを語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら