ファッション

星のやが「デジタルデトックス」滞在を提案

 高級旅館の星のやは、軽井沢、京都、竹富島の3施設でデジタル機器から解放される滞在プログラム「脱デジタル滞在」を提案する。

 脱デジタル滞在の特徴は、(1)滞在のはじめに、携帯電話やパソコンなどのデジタル機器を預ける(2)各地の伝統文化や自然を体験する(3)スパや鍼灸、温泉で身体を整える(4)一人の時間を持ち、自分と向き合うというもの。

 「星のや軽井沢」は、浅間山麓の谷あいの施設。敷地内を散策し、浅間山から湧き出る源泉掛け流しの温泉に入浴する。スノーシュートレッキングのほか、指圧・温灸・氷のシャボン玉などを体験できる。期間は12月15日〜2017年2月28日。料金は1泊2日で3万8000円/1人(税・サービス料・宿泊費別。2泊3日は6万7000円)。

 「星のや京都」では、清水寺で、オリジナルのお守り作り体験や御朱印巡り、非公開の庭で和尚とのひとときを楽しめるプログラムを用意する。期間は12月1日〜17年2月28日。料金は2泊3日で7万1600円/1人(税・サービス料・宿泊費別)。

 「星のや竹富島」は、伝統建築を再現した50棟の集落を造った施設。浜でのボルダリングや、沖縄の信仰で神が住む場所である御獄(うたき)のツアーなどを行う。期間は12月1日〜17年2月28日。料金は2泊3日で5万1500円〜/1人(税・サービス料・宿泊費別)。

 「脱デジタル滞在」は、春夏秋冬の季節ごとに季節にあったプログラムを実施しており、14年秋に「星のや軽井沢」でスタート。15年春からは「星のや京都」「星のや竹富島」も参画し、今に至る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら