スナップ

「ツイード ラン トーキョー 2016」が開催 約150人が東京の街を快走

 ツイード ラン トーキョー(Tweed Run Tokyo)実行委員会は10月23日、“ツイード”がドレスコードの第5回「ツイード ラン トーキョー 2016」を開催した。2009年にイギリスから始まり、自転車の正しい乗り方やマナーをPRしながら、自転車をもっと楽しむためにおしゃれをして走ることを目的とした同イベント。実行委員長の栗野宏文ユナイテッドアローズ クリエイティブディレクション担当 上級顧問をはじめ、モデルの野崎智子など今年は約150人が参加し、代々木公園や明治神宮外苑を含む約11kmの走行ルートを回った。

 なお、12月3日には愛知県で「ツイード ラン ビシュウ 2016」が開催されるほか、11月23日には広島県でスピンオフイベントの「デニムラン オノミチ 2016」の開催も予定されている。

【関連記事】
「デニムラン」が初開催 広島・尾道をデニムでサイクリング