ファッション

日本初の国立大学とスポーツブランドの提携 ドームと筑波大学がパートナー契約

 「アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)」の日本総代理店であるドームは、筑波大学と5年間の包括的パートナーシップ契約を締結した。契約期間は2016年4月から5年間。ドームが本格的に開始した"アカデミック・インフラストラクチャープロジェクト(AIP)"を実施し、大学スポーツの産業化を目指す。同社はこれまで関東学院(大学、高校、中学校、こども園)、延岡学園高等学校、開志国際高等学校と同様の提携を行っているが、国立大学との契約は初となる。

 また筑波大学は米・アンダーアーマーと提携するテンプル大学の協力を得て、大学スポーツ産業化に向けた共同研究を行い、来年を目処に全運動部の健康、法的、財務リスクを管理・統治する体育局の設立を目指す。

 AIPは、大学スポーツを産業化し、その収益を施設、研究開発、教授の給与増額など、教育環境を高めるために投資することで、意欲の高い教授や学生を集めるなど、好循環を生み出すプロジェクト。まずは筑波大学のシンボルとしてスポーツエンブレムを策定し、そのエンブレムを使用したTシャツやポロシャツなどのライセンス商品を大学内で販売する。またラグビー部、公式野球部、女子ハンドボール部などの8チームを、“つくばブルー”カラーで統一した「アンダーアーマー」製の新ユニホームに刷新する。

 筑波大学の永田恭介・学長は「今回の提携でアカデミアと産業界が連携し、さまざまなイベントやプロジェクトを通じてスポーツの価値を社会に還元していきたい。筑波大学は国立の総合大学の中で唯一、スポーツや体育という学問、教育、研究分野を持っている。今後はトップアスリートの経験をいかに社会に生かしていくかや、アンチドーピング、障害者スポーツなども研究していきたい」と話す。

 ドームの安田秀一・社長は、「日本の体育会はおかしな組織になってしまっている。坊主の懲罰があったり、試合に出られない4年生がレギュラーの1年生より威張っているような状態が、なぜか美化されている。かつては自分自身も典型的な体育会系の人間だった。しかしドームを立ち上げて約20年が経ち、アメリカの高校や大学の、学校全体をあげて応援し合う環境、NCAA(全米大学体育協会)の規定によって厳格に管理されている安全面などを見て、考え方が180度変わった。まずは体育会が任意団体から大学の正式な組織になること。そして体育局の設置を目指すことがこの契約の本質だ」と語った。

 大学とスポーツメーカーは、2011年にミズノと関西大学、13年にアディダス ジャパンと青山学院大学、今年3月にアシックスと早稲田大学、4月にドームと関東学院大学がそれぞれ提携している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。