ファッション

トランプ反対派デモに2000人 NY5番街の土日のビジネスに影響

 ドナルド・トランプ(Donald Trump)当選後の土日は、アメリカ各都市でトランプ反対派によるデモが行われた。ニューヨークでは約2000人が参加し、トランプ・タワーがある5番街を、ユニオンスクエアから57丁目までを歩いた。道は閉ざされ、車は迂回を強いられるなど交通規制も行われた。店舗の前にバリケードが設置され、客が入りづらくなっていたところもあった。

 店舗を5番街に構えるブランドは、対応策を強いられた。バーグドルフ・グッドマン(BERGDORF GOODMAN)と「ティファニー(TIFFANY & CO.)」はそれぞれ5番街に面する入り口とは異なるエントランスに客を誘導した。「ティファニー」のスポークスマンは「われわれはニューヨーク市警察とアメリカ合衆国シークレットサービスと連携を取り、客の安全を確保している。5番街の店舗は通常営業中だ」とコメント。「ナイキ(NIKE)」「グッチ(GUCCI)」「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「ヘンリ ベンデル(HENRI BENDEL)」「バーバリー(BURBERRY)」はノーコメント。週末のサックス・フィフス・アベニュー(SAKS FIFTH AVENUE)の入店客数はデモの影響で減少したよう。一方、ある店舗はデモ見たさの見物者を招き入れ、客数を増やしたという。「みんな、気になって見に来るんだ。ビジネスにいい影響がある分には、文句は言えない」。今後も大規模なデモ行進が予測される。

訳・北坂映梨

【関連記事】
“お先真っ暗” トランプ勝利にファッション関係者から落胆の声

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。