ファッション

有力店が買い付けた 「イサオラ」が提案する都会の為の機能服

 ニューヨークを拠点に活動するブランド「イサオラ(ISAORA)」は、“機能”と“スタイル”の融合を目指し、2009年にマーク・ダニエルズ(MARK DANIELS)とリッキー・ヘンドリー(RICKY HENDRY)が設立した。アスレチックスウエアをベースにボンディングやスエット素材などを用いて、パフォーマンスレベルを下げることなく、都会的にアップデートする。日本では、伊勢丹新宿店メンズ館やビューティー&ユース ユナイテッドアローズ、エストネーション、バーニーズ ニューヨークなど、有力店が買い付けている。「WWDジャパン」が提案するメンズの新トレンド「ギアモン=GEAR FOR MODERN MEN(ギア的要素の詰まったウエアをまとう、モダンなメンズスタイル)」ブランドの一つとしてデザイナーのマークに迫った。「イサオラ」の生み出す都市生活のための機能服とは?

WWDジャパン(以下、WWD):ブランドを設立した経緯は?

マーク・ダニエルズ(以下、マーク):ブランド設立前、僕はグローバルなソフトウエア会社でUIデザインを担当していました。当時、市場には「パタゴニア(PATAGONIA)」や「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」といった本格的なアウトドアブランドはありましたが、その多くはあくまでエクストリームな環境下での使用を前提としたもので、都市で使用するためにデザインされたウエアではなかったのです。そこで、都市で使用するためのアウターをメーンに「イサオラ」を立ち上げました。

WWD:現在はトータルコレクションを展開しているが、アウターからラインアップを拡大した理由は?

マーク:アクティブで都会的な大人の男性の多くが、それまで以上にジムやヨガ、スピニングバイク、クロスフィットなどのトレーニングに熱中し始めました。でも当時は、20代後半~30代の男性が本当に着たいと思えるフィットネスウエアがありませんでした。例えば、「ルルレモン(LULULEMON)」はフィットネスウエアのパイオニアですが男性向きではないし、「アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)」は気軽なトレーニングというよりもプロのアスリート向けという印象が強かった。「ナイキ(NIKE)」はあらゆる点で素晴らしいブランドで僕も大好きですが、マスに向けた非常にメーンストリームなブランドです。つまり、市場に極端な選択肢しかなかったので、男性に向けたニッチなアスレチックスウエアに需要があると考えました。そこで僕たちは「進化したデザインと高いパフォーマンス性、テクノロジー、最高水準のコンストラクション」をコンセプトに、トータルコレクションを提案することにしました。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。