ファッション

催しもの満載の超夜型ファッション・ウイーク

 今回4回目を迎えるメルセデス・ファッション・ウイーク・トビリシはオーガナイズがすばらしくて驚きました。インターナショナルのバイヤーやプレスを50人程度招待していて、アジアからは私のみ。媒体は、ウクライナ&トルコ「エル」、伊「マリクレール」「フォーブス」、そして「id」「Wマガジン」「VOGUE.COM」といった有力媒体のフリーランスエディターまで。バイヤーは、リナシェンテ、レーンクロフォード、バーグドルフグッドマンといった大手から、ロシアのKM20、ルクセンブルグのスメッツといった注目のコンセプトストアまで幅広い。ストリートスナップやショーをスナップするフォトグラファーも「VOGUE.COM」「WWD」「ニューヨークタイムズ」など多くの媒体に関わる人々がやってきました。

 空港に到着するとスタッフが迎えてくれ、ホテルまで連れて行ってくれます。ホテルでファッション・ウイークのプログラムと参加ブランドを紹介したオフィシャルブックを渡され、基本、プログラムに沿って行動します。ランチからディナーまで組み込まれ、ショーはだいたい13時にスタートして、ラストショーは21時。1日8〜9ブランドが発表します。乗り合いバスのような専用バスがあり、それに乗り込み回ります。公式会場は、夕方以降が美術館のMOMAトビリシで、移動はほぼなく、ショー会場にショールームが併設されていて、いくつかのブランドの一部サンプルを見ることができます。さらに、ルックブックやホールセールの価格表(ドルor ユーロ建て)、セールス担当者の名刺などが置かれているので、初めて訪れる人にとって親切な印象でした。ルックブックや価格表、プレスリリースのフォーマットは基本的にルールがあり、おそらく用意しなさいと言われているのでしょう、オシャレ感はないですが、すぐに情報がゲットできるうえ、わかりやすかったです。もちろん、独自の“色”を出したいブランドは各々作成できます。ぜひ、東コレでもバイヤーやプレスに向けてこのシステムを導入してはいかがでしょうか?

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら