ファッション

「ケンゾー」のキャロル&ウンベルトは「H&M」コラボで何を伝えたかったのか?

 「KENZO×H&M」の世界発売が明日(11月3日)に迫っている。10月19日にはニューヨーク(NY)でメディアカンファレンスと、約1000人のゲストを集めたお披露目イベントを開催。11月1日には「ケンゾー」のクリエイティブ・ディレクターを務めるキャロル・リムとウンベルト・レオン、「H&M」のアン・ソフィー・ヨハンソン=クリエイティブ・アドバイザーが来日して取材やパーティーを開き、発売当日も日本で迎える。「ケンゾー」の発祥地である日本をリスペクトする意味も込めてのことだが、彼らは「H&M」コラボを通じて何を伝えたかったのか?一連の取材を通じて聞いた、彼らの思いと狙いをまとめた。

――「H&M」のデザイナーズコラボレーションに対する思い入れは?

ウンベルト・レオン(以下、ウンベルト):私たちが2004年に、「H&M」が初めてカール・ラガーフェルドとコラボをすると聞いた時、とても興奮したのを覚えている。2人で並び、スーツ、ドレスシャツ、ジーンズなどを買った。全てすばらしいアイテムで、今でも持っている。ただデザイナーアイテムを買うというだけではなく、コラボのために作られたスペシャルなのものを買うとういう意味があると思う。

キャロル・リム(以下、キャロル): カレンダーに発売日に印をつけたことを覚えているわ。消費者の一人だったけど、ワクワクして、何か新しいことを体験できたわ。だから、今回のプロジェクトでデザインをはじめ、全ての事柄を考えるときには、全てはお客さまのためで、高揚感を与えることが必要だってずっと思っていたの。

――なぜ「ケンゾー」をコラボ相手に選んだのか?

アン・ソフィー・ヨハンソン(以下、アン・ソフィー):いつか一緒に協業してみたい優秀なデザイナーの名を記したウィッシュリストがあり、「ケンゾー」もその中にずっと上がっていたの。キャロルとウンベルトがクリエイティブ・ディレクターとして働くようになってから、伝統のあるブランドが若返り、活気付いたのがとても良かったから。タイミングはまさに今だったと思う。LVMHグループのブランドの中での最初のラグジュアリーブランドであるし、15年前であればこのようなパートナーシップを人々は考えようとすらしなかったかもしれない。それに、「H&M」もデザインアワードを通じて若手デザイナーを支援しているけれど、「ケンゾー」の2人も「オープニングセレモニー」を通じてヤングブランドをサポートしていて素晴らしいと思っていた。ダイバーシティーやファッションを楽しむことも含めて、カルチャーが共通していると思い、とても興味があった。

――コラボを手掛ける狙いは?

キャロル: 2年前に「H&M」のアプローチを受けた時、「ケンゾー」のパワフルなスタイルをより多くの人に向けて打ち出し、50年近く続くブランドについて知ってもらういい機会だと感じたの。新しいアイデアやアプローチはどんどん取り入れていきたいと思っているし、「H&M」という新しいプラットフォームで「ケンゾー」の世界観を表現できることがとても嬉しかったわ。

ウンベルト:キャロルと僕は普段から、商品だけでなく店舗のデザインやイベントのインビテーション、ニュースレターまで、ブランドに関わる各面を監修している。だから今回のコラボにも全力で挑んだし、スペシャルなアイテムばかりが集まったコレクションに仕上がった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら