ファッション

山本耀司が展覧会「画と機 山本耀司・朝倉優佳」を開催

 東京オペラシティ文化財団は展覧会「画と機 山本耀司・朝倉優佳」を2016年12月10日〜2017年3月12日、東京オペラシティ アートギャラリーで開催する。入場料は一般1200円。同展では、山本耀司が今回のために制作した絵画や彫刻、未発表の絵画、会場で制作した作品のインスタレーション、そして、ここ数シーズンにわたり「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」の服作りに熱を与えた画家・朝倉優佳の作品を木材や針金で作られたマネキンと展示することで、「衝突」や「融合」「失望」「刹那」「憧景」など空間の中で対峙する新たな創造を表現する。

 展覧会のタイトル「画と機」は、山本の希望により、編集者であり日本文化研究者の松岡正剛・編集工学研究所所長が考案した。 「画」は「絵画」を、「機」は「はずみ」や「機会」「機織(服)」を意味し、絵画とファッション、男と女など、反発しながらも惹かれ合う関係性をイメージしたもの。さらに、2文字を続けて読むと “ガキ”となり、子供の世間の目への反抗や抵抗も意味する。

■画と機 山本耀司・朝倉優佳
会期:2016年12月10日(土)~2017年3月12日(日)
会場:東京オペラシティ アートギャラリー
開館時間:11:00~19:00(金・土曜日は~20:00)
休館日:月曜日(祝日の場合は火曜日)、12月26日~1月3日、2月12日
入場料:一般1200円、大学生・高校生800円、中学生以下無料

【関連記事】
「ヨウジヤマモト」が画家・朝倉優佳とコラボ 青山本店でカクテルパーティーを開催
「ヨウジヤマモト 」2016年春夏パリ・メンズ・コレクション
「ヨウジヤマモト」2016年春夏パリ・コレクション
23歳の記者から山本耀司へ37の質問

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら