ニュース

アジアの顔となる唯一無二のカルティエ 銀座ブティックがオープン

 リシュモン ジャパンは、カルティエ 銀座ブティックを9月28日にオープンする。同ブティックはアジア最大の売り場面積を誇る、アジアの顔となる旗艦店だ。オープンに先駆けて、26日にメディア関係者に向けて内覧会を開催した。

 このブティックの場所は、もともと「カルティエ」の銀座2丁目ブティックがあった場所であり、2003年にオープンし、07年にリニューアルを経て、新たに2年の歳月をかけて“カルティエ 銀座ブティック”として生まれ変わった。これまで旗艦店としての役割を果たしていた銀座・並木通りのブティックは、カルティエ銀座 並木通りブティックとして、これまで通りの営業を続ける。

 カルティエ 銀座ブティックは、地上3階、地下1階の4フロアで構成され、計約1000㎡の広さだ。1階のグランドフロアは、ジュエリーに加え、初のハイジュエリーを集積した専門のサロンを設ける。2階は時計、3階はダイヤモンドをメーンとするフロア、地下1階はレザーグッズや筆記用具類などのアクセサリーを揃える。カルロ・ガリリオ=リシュモン ジャパン カルティエ プレジデント & チーフ エグゼクティブ オフィサーは「このカルティエ 銀座ブティックは、モダンとトラディショナル、日本とフランスの融合を象徴しており、銀座に調和することができた。アジアにおいてこれほどホスピタリティー、サービス、ヴィジョンを感じ取れるブティックはない。唯一無二のカルティエブティックだ」と話す。

 同日には、点灯セレモニーが開催され、女優の宮沢りえが登場し、オープンを祝した。オープニングセレモニーに登場した宮沢りえは、「銀ぶらはよくするが、ファンの一人としてブティックのオープンを心待ちにしていた。セレモニーに参加できてうれしい」とコメント。

 カルティエ 銀座ブティックは日本におけるハイジュエリーのデスティネーション(目的地)となり、日本で初めてハイジュエリーのコーナーを有する。この店のオープンを祝して、同社は新作ハイジュエリーコレクション“カルティエ マジシャン”を世界に先駆けて日本で披露する。カルティエが新作ハイジュエリーを日本で発表するのは170年近い歴史始まって以来、初めてのこと。会場となるのは、上野の東京国立博物館・表慶館で世界各国から上顧客を招き10月中旬に受注会を開催予定。最終日となる10月23日には500組1000名に一般公開する(CARTIER.COMから応募)。昨年5月に京都で開催し大きな成功を収めた受注イベント「カルティエ ロワイヤル」をさらに上回る規模になるという。