ファッション

「マーク ジェイコブス」の ドレッドヘアが波紋を呼ぶ

 「マーク ジェイコブス」の2017年春夏コレクションに登場したモデルたちのヘアスタイルが物議を醸している。パステルカラーのヘアピースを髪に編み込んだ“ドレッド”風のスタイルが、カリブ海や黒人のカルチャーに対し侮辱的であると、SNSを中心にネット上でバッシングを受けている。これらに対し、マーク・ジェイコブスはインスタグラムで「人種や肌の色が違うカルチャーのスタイルを取り入れたぐらいで騒ぐ人たちも、ストレートヘアの黒人女性には何も言わない。さまざまなスタイルにインスピレーションを得ることは素晴らしいことのはずなのに、了見の狭い人がこんなにも多いことを悲しく思う」とコメントするなどして対抗していたが、19日の投稿では「コメントは全て読ませてもらった。配慮に欠ける発言について申し訳なく思っている。私は言葉やアート、音楽、ファッション、ヘアスタイル、あらゆる方法で自己表現する自由を信じている。これからも自分の考えを発信し続けられたらと願うが、思いやりを忘れないでほしい」と綴った。

原文・レイチェル・ストリュガッツ

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら