ファッション

プリントの「リバティ」が日本でも2018年からレザーグッズの輸入販売

 プリントで知られる英「リバティ」の日本法人リバティジャパンは2018年から、英本国の百貨店のオリジナルブランド「リバティ ロンドン(LIBERTY LONDON)」のバッグやレザーグッズなどの販売をスタートする。1988年の創業以来、リバティジャパンは「リバティ」の祖業であるプリント生地の販売に特化してきたが、方針を転換する。8月に社長に就任した鎌田愛彦リバティジャパン社長は、「リテールへの参入に伴い、テキスタイルビジネスにも"ブランディング"という考え方を持ち込む。18年には旗艦店もオープンしたい」と語る。

リバティジャパンは1988年に西武百貨店(現そごう・西武)の合弁会社としてスタート。その後は、本国のプリント柄を使い、独自に日本でプリント生地を生産・販売するテキスタイルメーカーとして事業を展開してきた。英本国は8月、ジャパン社の設立以来社長を務めてきた白子順也・社長に代え、これまで多くのブランドを経営してきた鎌田社長を招へい。「リバティ ロンドン」のうち、レザーグッズとコスチュームジュエリー、キッチンウエア、日用雑貨、寝装品のインポート販売をスタートする。英本国のリバティは、投資会社ブルージェムが運営しており、2018年にIPOを予定しているという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら