ファッション

アディダスが”無の状態”になれる新アイテムを発売

 アディダス ジャパンは、試合前後のアスリートをサポートする新カテゴリー「アディダス アスレチックス(ADIDAS ATHLETICS)」を立ち上げ、"ゼット・エヌ・イー・フーディー(Z.N.E. HOODIE)"を9月7日に発売する。"Z.N.E."は"ZERO NEGATIVE ENERGY"を意味し、アスリートが試合に向けて精神集中を行い、"無"になる状態から着想を得たパーカ(ウイメンズ1万1990円、メンズ1万2990円)、パンツ(ウイメンズ9990円、メンズ1万490円)などがそろう。販売はアディダス直営店、オンラインショップなどで行う。

 "ゼット・エヌ・イー・フーディー"の発売に合わせて9月9〜11日までの3日間、東京・渋谷マークシティ1階のイベントスクエアでトップアスリートの気分が体験できるギャラリー「ファインド フォーカス ロッカー ルーム(FIND FOCUS LOCKER ROOM)」を開催する。アイテムの世界観を踏襲し、アスリートが勝負に挑む直前のロッカールームをイメージ。内装はキーカラーの白で統一し、"無の状態"が体感できる空間を作り上げている。スマートフォンなどでロッカーをフラッシュ撮影すると、サッカー日本代表の内田篤人選手や香川真司選手、EXILEの白濱亜嵐など計5人の"勝負前に無になる秘訣"が浮き上がる仕掛けが隠されている。

大塚千践

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら