ファッション

ドナルド・トランプの娘がシューズを模倣した申し立てを否定

 ドナルド・トランプ(Donald Trump)の娘でアクセサリーブランドを手掛けるイヴァンカ・トランプ(Ivanka Trump)は、伊シューズ企業のアクアズーラ イタリア(AQUAZZURA ITALIA 以下、アクアズーラ)がシューズのデザインを模倣したとして訴えている件に対し、正式に異議を唱えた。

 アクアズーラは6月、イヴァンカ・トランプと彼女の会社、IT コレクション(IT COLLECTION)、彼女のシューズをライセンス契約に基づき製造するマーク フィッシャー グループ(MARC FISHER GROUP)を訴えた。アクアズーラは、「イヴァンカ・トランプ(IVANKA TRUMP)」の"ヘッティ シュー(Hettie Shoe)"が自社で製造する"ワイルド シング(Wild Thing)"と酷似していると主張。どちらもピンヒールで、足首を固定するストラップにはタッセル、指先にはフリンジディテールをあしらっている。アクアズーラは形のみならず、カラーパレットも似ていると申し立てた。"ワイルド シング"のフリンジスエードサンダルの小売価格は785ドル(約7万8500円)に対し、"ヘッティ シュー"は145ドル(約1万4500円)だ。

 イヴァンカとIT コレクションは8月19日、アクアズーラの訴えに対する異議をニューヨーク東部地区連邦地方裁判所に提出。アクアズーラのデザインは「セカンダリー ミーニング(特別顕著性)」に欠き、公有の物であると反訴した。これに対しマーク フィッシャー グループもアクアズーラを相手取り、応訴した。

 ジャン・ミシェル・ヴィノー(Jean-Michel Vigneau)=アクアズーラ最高経営責任者は今回の件に関し、「シグニチャーアイテムの模倣は許さない。ブランドのアイデンティティを害し、消費者を混乱させる」とコメント。これに対し、マシュー・ブリス(Matthew Burris)=マーク フィッシャー最高財務責任者は「この裁判は話題作りのためで、無意味なものだ。問題になっている靴は、今流行りのスタイルなだけ。同様の靴を生産しているブランドは数多くある」と反撃した。

 両者は、以前からデザインの模倣をめぐり争ってきた。かつてアクアズーラは「イヴァンカ・トランプ」の"ネシラ(Necila)"が"ベルグラヴィア(Belgravia)"ラインに似ていると申し立て、その後被告は"ネシラ"の販売を中止した。また、マーク フィッシャー グループも「アクアズーラ」の"フォエバー マリリン シュー(Forever Marilyn Shoe)"が 「イヴァンカ・トランプ」の"ティーガン ポインティ トー パンプ ウィス タッセル(Teagin Pointy Toe Pump with Tassel)"に似ているとして訴えた。

北坂映梨

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら