ファッション

「マリン&ウォーク ヨコハマ」プレオープンに200メディア以上 「フレッド シーガル」「COS」など25店舗集積

 3月4日に開業する「マリン&ウォーク ヨコハマ(MARINE & WALK YOKOHAMA)」が2日、メディア向け内覧会と近隣住人・関係者向けの先行プレオープンを行った。赤レンガ倉庫に隣接する横浜みなとみらい21新港地区に位置。最寄駅はみなとみらい線馬車道駅で、みなとみらい駅やJR桜木町駅などからも徒歩圏内だ。店内や館の合間から海が見える好環境に路面店感覚で店舗を並べた2層の低層オープンモールで、日本初出店の1店舗、関東初出店1店舗、横浜初出店13店舗、新業態6店舗を含む全25店舗を集めた。

 「フレッド シーガル(FRED SEGAL)」は代官山店に続く2号店ながらも、売り場面積1500平方メートルで、米西海岸の店舗に近い開放的な雰囲気の作りとなっている。ファッションやライフスタイル雑貨、コスメ、アイウエア、ペットウエアなどに加え、食物販やフードコートを展開する「マート アット フレッド シーガル(THE MART AT FRED SEGAL)」に加え、本格的なサーフストア「サーフ アット フレッド シーガル(THE SURF AT FRED SEGAL)」を初開発しているのが特徴だ。

 同じく青山店に続く国内2号店となるのは、H&Mグループの「COS(コス)」だ。世界中どこでも同じサービスを提供するという理念を踏襲し、広い空間をレールで区切り、テーマに合わせてコーナー展開している。2層のメゾネット方式で、バギーを押す子ども連れの主婦やファミリーなども移動しやすいように、店内にエレベーターも設置している。

 テイク&ギブ ニーズが手掛けるウエディングハウス「ヴェランダ(VERANDA)」(正式名称は「ベイサイド ゲイヒンカン ヴェランダ ミナトミライ」)は、従来の邸宅風のウエディングスペースとは一変。レンガ造りの5層のスタジオ風貸切会場を開発。5階チャペルからはもちろんのこと、3階バンケットや2階ラウンジからも海が目の前に広がっており、西海岸風のアートや装飾などで、女性はもちろん、男性ウケも良さそうなクールかつアットホームな空間に仕上げている。

 そのほか、ユナイテッドアローズの「スティーブン アラン」や、「デンハム」「ネイバーフッド」「トッドスナイダー」「ヘリーハンセン」「マーガレット・ハウエル」「キットアンドエース」なども出店している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら