ファッション

バーニーズ ニューヨークが2016年春夏のシーズンビジュアルを公開

 ニューヨーク発の専門店、バーニーズ ニューヨークを運営するバーニーズ ジャパンは、2016年春夏のシーズンビジュアルとムービーを公開する。テーマの#SMILEは、作り手の愛情のこもったアイテムを手にする喜びを意味する。ウィメンズ、メンズ合わせて8つのビジュアルを制作した。バーニーズ ニューヨーク初登場のブランド「フーシャン・ツァン(HUISHAN ZHANG)」のドレスや、「ベルベスト(BELVEST)」のデニムライクなスーツスタイルなどのルックを、クリエイティブディレクターの谷口勝彦が作り上げた空間で撮りおろした。ウィメンズモデルは「トム フォード(TOM FORD)」や「サンローラン(SAINT LAURENT)」のキャンペーンに参加したリダ・フォックスで、メンズモデルは振付師・ダンサーとしても活躍するアダム・マニングスだ。彼らが、創造的な空間と最新ファッションの融合に豊かな表現を加えている。

 公式ホームページで同時公開するムービーでは、2人が即興ダンスを披露している。音楽には、ニューヨークのブルックリンを拠点に活動するピアノとヴァイオリンのユニット「グレイシー アンド レイチェル(GRACIE AND RACHEL)」の楽曲「GO」を採用した。ビジュアルは、3月からバーニーズ ニューヨーク各店(銀座本店・新宿店・横浜店・神戸店・福岡店)、公式ホームページの他、各種メディアで公開予定。また公式ホームページとは異なるムービーが、4月から各店のウィンドウディスプレーで披露する。今秋には六本木に新店舗がオープンする予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら