ファッション

「ブルックス ブラザーズ」の新クリエイティブ・ディレクターにザック・ポーゼン

? ザック・ポーゼンが「ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)」のウィメンズのクリエイティブ・ディレクターに就任する。ポーゼンが手掛ける初のコレクションは、2016年春夏コレクションでお披露目予定だ。なお、01年にニューヨークでスタートした自身のブランドと、未来のトップデザイナーを目指す米国のリアリティ番組「プロジェクト ランウェイ」の審査員は今後も続けるという。また、若年層向けライン「レッド フリース」やトム・ブラウンがデザインする「ブラック フリース」には関与しない。

 現在、「ブルックス ブラザーズ」のウィメンズは売り上げ12億ドル(約1212億円)全体の20%を占める。しかしここ数年、ウィメンズの需要は増えており、今後更なる強化をしたいという。

 クラウディオ・デル・ベッキオ=ブルックス ブラザーズ社長兼最高経営責任者(CEO)はポーゼンの就任時期に関して、「ゆっくり進めたい。彼の貢献に期待しているが、うまく進めるためにも、時間を与えなくてはいけない」という。また、ポーゼンについて、「素晴らしい才能を持っており、アメリカで大いに影響力のあるデザイナーだ。ブランドの196年に及ぶ歴史やクリエイションについて深く理解している」と称賛した。就任についてポーゼンは、「アメリカの偉大なブランドの未来を担う機会を与えられ、わくわくしている」とコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら