ファッション

ワニモデルが「ラコステ」の最新コーデをあなたにお届け 人が”ショップ”になる「I’m SHOP」キャンペーンがスタート

 「ラコステ」は、青山・渋谷エリアでブランド初のキャンペーン「アイム・ショップ(I'm SHOP)」を6月7日まで実施する。ワニのワンポイントが入ったポロシャツのイメージが強い「ラコステ」だが、2015年春夏コレクションのアイテムをコーディネートして、シャツやパンツ、シューズなどバリエーション豊かな品ぞろえをアピールする試みとしてスタートする。

 5月30日と31日、6月6日と7日の週末には、ワニの頭部を被ったモデルが青山・渋谷エリアに出現し、キャンペーンサイトのアクセスコードが入ったミニショップバッグを配り歩く。「ラコステ」の春夏コレクションを身につけたモデルたちのコーディネートで気に入ったアイテムは、キャンペーンサイトからその場で購入できる。モデルが自ら"ショップ"になり、街を歩くという今回のキャンペーンはブランドにとって初の試みで、東京で初めて実施する。

 また、青山のイベントスペース、ゼロベース表参道の2階には、春夏コレクションがそろうショールームを設置。そこでアイテムを選んで試着した後は1階のフォトブースでプロのフォトグラファーによる撮影が無料で体験できる。ワニの被り物やフキダシ風のパネルなどの小道具を持って撮影した写真は、「みんなのルックブック」としてゼロベース表参道前のモニターとキャンペーンサイトにアップされ、ダウンロードすることも可能だ。

「アイム・ショップ」
期間:5月30日(土)・5月31日(日)・6月6日(土)・6月7日(日)
時間:11:00~19:00
場所:表参道交差点エリア、明治神宮交差点エリア、宮益坂下交差点エリア

「みんなのルックブック」
期間:2015年5月27日(水)~5月31日(日)
時間:11:00?19:00(※5月27日(水)は13:00~19:00)
場所:ゼロベース表参道(東京都港区南青山5-1-25)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら