ファッション

「DKNY」の新クリエイティブ・ディレクターに「パブリック スクール」の2人が決定

 「DKNY」がクリエイティブ・ディレクターに「パブリック スクール(PUBLIC SCHOOL)」のダオ=イー・チャオとマックスウェル・オスボーンを指名した。2人はすぐにデザインの陣頭指揮を執るようだ。9月に発表する2016年春夏コレクションでデビューする。創業デザイナーのダナ・キャランは引き続き「ダナ キャラン ニューヨーク(DONNA KARAN NEW YORK)」でコレクションを手掛ける。

 また、ブランドを手がけるダナ キャラン インターナショナルは、チーフ・イメージ・オフィサーというポジションを新設。アップル出身のヘクター・ミュラスを起用した。

 ダナ・キャランは、「ニューヨークの今を切り取るブランドとして立ち上げた『DKNY』は、すでに世界の今を切り取るブランドに成長した。ブランドの次のステップにワクワクしている」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら