ファッション

「ボッテガ・ヴェネタ」がブランド50周年の節目にメンズ・ウィメンズを統合

 「ボッテガ・ヴェネタ」は2017年春夏コレクションのメンズ、ウィメンズを統合し、9月にショー発表する。このショーはブランド50周年およびトーマス・マイヤー=クリエイティブ・ディレクターの就任15周年を記念するもの。

 トーマス・マイヤーは「私にとって重要な意味を持ち、『ボッテガ・ヴェネタ』ファンを広く集める機会となるこの節目を祝うために、特別なショーにしたい」とコメント。「ボッテガ・ヴェネタ」は通常ミラノの本社でショーを発表しているが、来場者を収容しきれない恐れがあるため「専用の特別な場所」を探している。メンズとウィメンズのショーを統合する理由についてマイヤーは「『ボッテガ・ヴェネタ』の世界は両方のジェンダーの上に成り立っている。メンズとウィメンズを同時に発表することは私のクリエイションの進化にともなう自然な流れだ」と話している。

 なお、マイヤーは「今見て、今買う」という考えについては反対の立場を貫いており、「商品が店頭に並ぶまでに、手作業のコレクションを作るのに必要な時間を確保するため、発表と発売のタイミングについては引き続き関わっていく」と語っている。6月の17年春夏ミラノ・メンズ・ファッション・ウイークでは、メンズ・ウィメンズの統合を見据えてプレゼンテーション形式でショーを行うが、今回の周年記念以降もメンズ・ウィメンズ合同でショーを行うかどうかは未定。

【関連記事】
「グッチ」がメンズとウィメンズのショーを統合

LUISA ZARGANI

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら