ファッション

「イッセイ」メンズ、入社3年の若手をデザイナーに抜擢

 「イッセイ ミヤケ」のメンズ「イッセイ ミヤケ メン」は、デザイナーに高橋悠介を起用することを明らかにした。高橋デザイナーは、1985年生まれ。2010年に文化ファッション大学院大学ファッションデザインコースを修了後、同年三宅デザイン事務所に入社。昨年、デザインチーム体制だった「イッセイ ミヤケ メン」に参加した。入社当時から、三宅一生手掛ける「リアリティ・ラボ」に加わり、衣服デザインの根源を成すコンセプトやモノづくりを三宅から学んできた。

 「イッセイ ミヤケ メン」は、メンズ・ウィメンズを手掛けてきたデザイナー藤原大が退任後、企画・生産から販売までの各セクションを担当する若手中心のチームで活動してきた。ウィメンズのデザインは、これまで通り宮前義之が務める。

 高橋デザイナーは今月27日、パリで初のファッションショーを開催する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら