ファッション

「スター・ウォーズ」小物からリビングのソファまで インテリアの福袋は目的買いがほとんど

 大塚家具は新春企画としてドリーム福袋を1月2日から販売している。同社は年末売り尽くしセールを行っており、年明けの来客数落ち込み対策としてバリエーション豊かな福袋を用意した。寝装品のセット「ぐっすり福袋」をはじめ、「ダイニング福袋」、「リビング福袋」、ピローやベッドリネンなどの「インテリア・アクセサリー福袋」、数量限定で大塚久美子・大塚家具社長が愛用するインテリア小物を詰めた「大塚久美子愛用品セレクト福袋」、「スター・ウォーズ」のグッズを集めた「『スター・ウォーズ』福袋」などをそろえた。価格は、ベッドやテーブル、ソファーなどの家具類が10万〜100万円。2016年にちなみ、20万1600円のパックも用意した。インテリア・アクセサリーに関しては5000円〜5万円。大塚社長愛用品は5000円〜50万円、「スター・ウォーズ」は1万3000円〜3万円。売れ筋は10万円と30万円のセットだが、100万円のセットも数セット売れた。「『スター・ウォーズ』福袋」に関しては、オープン前に並び購入していく客もおり、なかでもインバウンド比率が高く中国人客などによる爆買いも見られた。家具類は"中身の見える福袋"のため、来客者は比較対象の一つとして検討するようだ。中には、福袋ではなく、自分が好きなアイテムを購入していく客もいる。価格は通常の10〜40%オフで、日頃から店舗を訪れ商品を知っている消費者が購入していくケースが多い。福袋の販売は11日まで。

 コンランショップ・ジャパン(CONRAN SHOP JAPAN)は1月2日、ザ・コンランショップ(THE CONRAN SHOP)丸の内店(丸の内ビルディング内)、渋谷ヒカリエ内のザ・コンランショップ キッチン、福岡店(岩田屋本店内)で福袋を販売した。同社は昨年末からセールを開催しておりセール初日には開店前から消費者が並び、目的買いするケースが多くみられたという。1月末までセールを行うため、福袋にはさほど力を入れていないが、商業施設の初売りに合わせて上記店舗で限定福袋を用意。丸の内店では、シードルやスパークリングワイン6本セットを1万円、オリジナルのエプロンとミトン、パスタギフトセットの詰め合わせを3000円で販売。いずれも限定10セットで、すぐに完売した。丸の内店は「イソップ(AESOP)」のボディケア2点とオリジナルタオル2点の詰め合わせを限定10セット1万円で販売し、午前中に売り切れた。福岡店では2ボディケアセット1万円を限定10セット、食器セット1万円を60点、キッチンツールなど雑貨の詰め合わせ80点を2日間にわたり販売。食器セット以外は完売した。同社も大塚家具同様、福袋、セール双方で店舗の商品に馴染みがある顧客による目的買いが多いようだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら