ニュース

アルマーニ、「エクスチェンジ」を完全保有

 ジョルジオ アルマーニは、共同で「アルマーニ エクスチェンジ(ARMANI EXCHANGE)」を手掛けるプレシディオ・ホールディングスの株式50%を買い取った。取得額は不明。プレシディオ・ホールディングスは、アルマーニ社とコモ・ホールディングスとのジョイントベンチャー。アルマーニ社は2008年、プレシディオ・ホールディングスの保有株数を50%に引き上げ、今回さらに50%を積み増すことでブランドを完全所有する。デザイナーのジョルジオ・アルマーニは、「『アルマーニ エクスチェンジ』をイタリア初のファストファッション・ブランドにしたい」とコメント。「H&M」や「ザラ」など、拡大を続けるファストファッション・ブランドのさらなる成長を予測し、勢いのあるマーケットに参入する。また、傘下となった「アルマーニ エクスチェンジ」をグループ全体の世界観に統一させていくようだ。

 1991年にマンハッタンでスタートした「アルマーニ エクスチェンジ」は現在、世界に270店舗、3000人以上の従業員を有する。現在、店舗と生産背景の拡充に注力するジョルジオ アルマーニの、昨年の売上高(ライセンス料を含む)は前年比104.5%の21億8000万ユーロ(約3052億円)。営業利益は、同118.2%の4億100万ユーロ(約561億4000万円)であった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら