ファッション

シンガポールのファッションイベント開催。プラバル・グルンが凱旋ショー

 シンガポールの最大級のファッションイベント「アジア・ファッション・エクスチェンジ(AFX)が17日まで開催している。AFXは、14ブランドが参加するファッションショー「アウディ・ファッション・フェスティバル(AFF)」に加え、若手デザイナー発掘イベント「アジア・スター・クリエイション」、国際見本市「ブループリント」、ファッション関係者のカンファレンス「アジア・ファッション・サミット」で構成される。

 初日の14日にはシンガポール出身で現在はニューヨークを拠点に活動しているプラバル・グルンがオープニング・ショーを行なった(写真)。シンガポールに生まれ、ネパールで育ち、インド、NYなど世界中を経て、シンガポールで凱旋ショーを行なったことに関して、デザイナーのプラバル・グルンは、「シンガポールは急成長中。このタイミングで戻り、ショーを行なえることがすごく嬉しい」とコメントしている。

 17日には日本のパルコの支援で「ドレスキャンプ(DRESSCAMP)」が2014-15年秋冬コレクションを、18日には招待デザイナーとして「オスカー・デ・ラ・レンタ(OSCAR DE LA RENTA)」がクロージングショーを行なう予定だ。

 合同展ブループリントには200ブランドが参加し、内シンガポール発のブランドは70ブランド。バンコク、香港、台北、ジャカルタ、ソウル、上海などのアジア各都市を中心にロンドンやパリからも参加し、日本からは「ヴァンキッシュ(VANQUISH)」をはじめ6ブランドが参加している。主催者のテキスタイル&ファッション フェデレーション シンガポールのベニー・プア代表は「シンガポールの地の利を生かして、アジアのみならず世界のファッションのハブを目指している。特に若手デザイナーにとって出会いの場となれば。日本のブランドにもとにかく一度来て参加し、コミュニケーションの場として生かして欲しい」と話している。

【関連記事】
パルコの支援で「ドレスキャンプ」がシンガポールのランウェイショー参加

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら