ビジネス

「シャネル」強し!23年も2ケタ増収 値上げやラグジュアリー消費の“正常化”もどこ吹く風

有料会員限定記事

シャネル(CHANEL)が2023年12月期決算を発表した。コロナ禍後の爆発的な需要増に支えられていたラグジュアリー消費の“正常化”により、売り上げが低下するブランドも多い中、同社は14%増収と2ケタ成長を維持。度々の値上げにもかかわらず、順調に業績を伸ばしている。一方で、5月に披露した25年クルーズ・コレクションはSNS上で賛否両論に。その直後の6月5日、ヴィルジニー・ヴィアール(Virginie Viard)=アーティスティック・ディレクターの退任が発表された。ここでは、潤沢な資金を元に長期的な戦略を策定し、進化し続ける同社の最近の動向をまとめた。(この記事は「WWDJAPAN」2024年6月10日号からの抜粋です)
 
シャネルの2023年12月期決算の売上高は、前期比14.6%増の197億4400万ドル(約3兆998億円)、営業利益は同10.9%増の64億700万ドル(約1兆58億円)、純利益は同3.0%増の47億3200万ドル(約7429億円)だった。

地域別の売上高では、欧州が同18.8%増の56億600万ドル(約8801億円)、アジア太平洋地域は同17.7%増の101億7800万ドル(約1兆5979億円)、南北アメリカは同2.6%増の39億6000万ドル(約6217億円)だった。

同社は上場しておらず、部門別での売り上げなどを明らかにしていないが、全部門が全ての地域において22年度を上回ったという。ファッション部門は、特に好調だったウエア、レザーグッズ、シューズが業績をけん引。ウオッチ&ジュエリー部門は、6月に発表した新作のハイジュエリーコレクション“ツイード ドゥ シャネル”や、タイムレスなアイコンウオッチ“プルミエール”が好調だった。フレグランス&ビューティ部門は、外出が増えたことによるメイクアップ用品の需要や、トラベルリテールの回復が業績を後押しした。

また、23年は新たに47店をオープンし、総店舗数は612店に。新店のうち31店がフレグランス&ビューティの専門店、16店がファッション、ウオッチ&ジュエリーの店舗だった。

この続きを読むには…
残り2209⽂字, 画像10枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。