ファッション

「ヴィクトリアズ・シークレット」のファッションショーが5年ぶりに復活 秋に開催を予定

「ヴィクトリアズ・シークレット(VICTORIA’S SECRET)」(以下、VS)は、ファッションショーを2024年秋に復活すると発表した。

「VS」がインスタグラムに投稿したキャプションには、「ヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショーが復活します。今の私たちの姿に加え、グラマラス、ランウエイ、ウイング、ミュージカル・エンターテイメントなど、皆さんの大好きなものをすべて反映させます。ご期待ください。さらにアイコニックになります」とコメントしている。

VSは毎年恒例のテレビ放送を19年に中止した後、昨年 「ヴィクトリアズ・シークレット・ワールド・ツアー」を開催した。アマゾンプライム(Amazon Prime)で放送されたこのドキュメンタリーは、ランウエイモデルのためにカスタムルックを考案する20人のグローバルクリエイティブ集団、「VS20」にスポットを当てた。

「VS」のラウル・マルティネス(Raul Martinez)=エグゼクティブ・ヴァイス・プレジデント兼ヘッド・クリエイティブ・ディレクターは当時、「このドキュメンタリーは、『VS』のブランド変革の究極の表現です。この作品は、ファッションとグラマラス、エンターテイメントを原動力とし、過去から愛され続けてきたアイコンに向き合いながらも大胆に再定義したものとなるでしょう」と語った。続けて「私たちは『VS』のプラットフォームを提供できること、女性のストーリーと視点の個性を称える世界的クリエイターらのレンズと芸術性を通して『VS』を探求することができとても光栄に思います」とコメントした。

この作品は「#ミートゥー(#MeToo)」運動が急拡大する中、劣悪な職場環境への非難に悩んでいた「VS」の新時代を象徴するものだった。

ファッションショーのチーフ・マーケティング・オフィサーを長年務めてきたエド・ラゼック(Ed Razek)は、プラスサイズやトランスジェンダーモデルの採用を拒否する姿勢に反発を受け、19年に同社を去った。20年にニューヨーク・タイムズ紙は、VSの「女性差別、いじめ、ハラスメント文化の疑惑をさらに暴露した。

24年のファッションショーの日程はまだ発表されていないが、このイベントが秋に復活することは確実のようだ。

「ヴィクトリアズ・シークレット・ワールド・ツアー2023」の様子

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。