ファッション

ゼンデイヤが「ミュグレー」のロボットスーツを着用し話題に 95年秋冬コレクションのアーカイブ

ドゥニ・ヴィルヌーヴ(Denis Villeneuve)監督が手掛ける映画「デューン 砂の惑星 パート2(Dune: Part Two)」のワールドプレミアがロンドンで開催された。同プレミアに出席したゼンデイヤ(Zendaya)は、ティエリー・ミュグレー(Thierry Mugler)が1995-96年秋冬オートクチュール・コレクションで披露したロボットスーツを着用し、SFムードを演出した。ゼンデイヤは同映画の主人公、チャニ役を演じている。

パリで開催された「ミュグレー」25周年記念ランウエイショーに登場したこのロボットスーツは、テア・フォン・ハルボウ(Thea von Harbou)の小説、「メトロポリス」に登場するキャラクター“フューチュラ”に着想したもので、制作には6カ月を要した。製作にあたりコラボレーションしたアーティスト、ジャン=ジャック・ウルクン(Jean-Jacques Urcun)はミュグレーの望むデザインを実現するために新たな技術を開発し、クロームメッキのフレーム全体にプレキシガラスのカッティングを施した。

2022年、このロボットスーツはニューヨークのブルックリン美術館で「ティエリー・ミュグレー: クチュリシム」展の一部として展示された。また、ケイシー・キャドワラダー=デザイナーが制作したカスタム・バージョンの作品は、23年6月にビヨンセ(Beyonce)が「ルネッサンス・ワールド・ツアー(Renaissance World Tour)」で着用した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。