ビューティ

資生堂2023年12月期は営業利益が同39.6%減 中国需要低迷が響く

資生堂の2023年12月期連結業績は、「日本事業が黒字化に転換し、欧米・アジアパシフィックも力強く成長したが、中国での需要低迷が響いた」(横田貴之CFO)ことから、売上高が前期比8.8%減の9730億円、コア営業利益(営業利益から非経常項目を除き算出)が同22.4%減の398億円、営業利益が同39.6%減の281億円、純利益が36.4%減の217億円となった。

事業別では日本事業の売上高は同9.4%増(実質10%増)の2599億円、コア営業利益は18億円の黒字(前期は130億円の赤字)だった。マーケティング投資を集中した中〜高価格帯の主力ブランド「クレ・ド・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE)」「シセイドウ(SHISEIDO)」「エリクシール(ELIXIR)」が後押しした。「シセイドウ」は日本限定でリニューアル販売した“アルティミューン”や美容液処方の“エッセンス スキングロウ ファンデーション”が軒並みヒット。「エリクシール」は“リンクルクリーム”や“トータル V ファーミングクリーム”が成長をけん引した。インバウンドは、旅行客の増加で回復し、年間の客購買が同20%台後半と伸長した。

中国事業の売上高は同4.0%減(実質4.6%減)の2479億円、コア営業利益は69億円の黒字(前期は39億円の赤字)だった。ALPS処理水の海洋放出後の日本製品買い控えやW11の不振、景況感悪化の影響を受けたが、ALPS処理水の影響は着実に回復し、プレステージブランドの改善の兆しが見えているという。「日本ブランドへの強い逆風がある中、投資の取捨選択を行い、今の環境下でワークする投資に絞ったことで収益性を守りつつ、“勝つべきところできちんと勝つ”ということを実現できた」(横田CFO)と、比較的ネガティブ影響の小さいメイクアップカテゴリーで「NARS」や「クレ・ド・ポー ボーテ」がシェアを拡大した。

そのほか、アジアパシフィック事業の売上高が同1.1%減(実質12.5%増)の672億円、米州事業が同20%減(実質15.2%増)の1102億円、欧州事業が同8.9%減(実質18.9%増)の1169億円、トラベルリテール事業が同19%減(実質19.5%減)の1325億円だった。

2025年度を最終年度とする中期経営戦略「SHIFT 2025 and Beyond」は、市場環境変化を踏まえた目標に再設定した。コア営業利益率を2025年に9%、将来的に15%を目指す。藤原憲太郎社長COOは、「25年までに持続的な利益成長と構造改革を両輪としたビジネストランスフォーメーションを完遂する」と述べる。具体的には、400億円超のグローバルコスト削減(日本は250億円のコスト削減)、日本の構造改革アクションの完遂と成長加速、中国トラベルリテールの質の高い成長実現、売り上げが好調な米州、欧州、アジアパシックの成長加速、 コアブランドの成長モメンタムのさらなる加速、6.グロスプロフィット(売上総利益)の拡大を目指す。

日本市場で持続的な成長を実現するために、「クレ・ド・ポー ボーテ」「シセイドウ」などグローバルやアジアブランドの投資に集中し、将来的に売上構成比70%を目指す。ローカルブランドは、スキンケア技術を活用した新カテゴリーの創出やインナービューティなどの新たな事業を推し進める。

タッチポイント戦略においては、ECの取り組みを加速する。自社ECの「ワタシプラス(Watashi+)」を今年刷新し、体験価値の向上を図る。ECのプラットフォームの展開を強化し、現在のEC化率10%超を30%まで伸ばす。ドラッグストアでは、自由体験型モデルを推進し生活者起点の活動へと転換を図る。

24年12月期の連結業績予想は売上高が同2.8%増(実質8%増)の1兆円、コア営業利益が同38%増の550億円、純利益が同1.1%増の220億円を見込む。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。