ビジネス

過去最高を更新し続ける三越伊勢丹HD 通期売上高を1兆2050億円に上方修正

三越伊勢丹ホールディングス(HD)の2023年4〜12月期(第3四半期)は、総額売上高(小売業の売上高に相当)が前年同期比11.1%増の9102億円、営業利益は同66.7%の409億円で増収増益。ともに統合後過去最高を更新した。

伊勢丹新宿本店の総額売上高は前年同期比13.7%増の2761億円だった。そのうち免税売上高は12.6%を占め、同109.0%増の347億700万円。ここも過去最高を更新した。

サービス充実やラウンジ強化によるカード会員、アプリ会員、外商会員といった識別顧客の裾野の広がり、今期免税売上高1000億円を超える可能性もあるインバウンドへの期待、都心の旗艦店がリモデルでクローズする売り場がある中での売上高を増やした百貨店業態の好調を受け、24年3月期通期の総額売上高を50億円上方修正し、1兆2050億円を計画する。また経費コントロールにより、営業利益も20億円上方修正し、500億円の大台を見込む。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。