ファッション

宝島社創業の蓮見清一社長が死去、享年80 11のファッション雑誌の“生みの親”

宝島社を創業した蓮見清一(はすみ・せいいち)社長が12月14日、心不全のため死去した。享年80。遺族の意向により、通夜や葬儀は近親者のみで執り行う。

蓮見社長は1942年、中国・大連市出身。幼少期を埼玉県大宮市で過ごし、男女や学歴を問わず、ピラミッド型ではないフラットな組織を作るという理念のもと71年に宝島社の母体となるJICCを立ち上げた。74年には「宝島」の創刊で出版事業をスタート。76年の「別冊宝島」シリーズ、87年の「田舎暮らしの本」などの創刊を経て、89年には「宝島」からスピンオフする形で日本初のストリートファッション誌「CUTiE(キューティ)」を創刊してファッション雑誌市場に参入した。その後、「smart(スマート)」や「SPRiNG(スプリング)」などストリートファッションをテーマにした雑誌を次々と生み出し、現在は10~60代までのファッション誌11誌をはじめ、美容雑誌、モノ雑誌など計15誌を刊行。2009年にはファッション雑誌シェアNo.1企業となり、現在まで13年連続でシェアナンバーワンの座をキープしている。宝島社は、雑誌につける豪華な付録やブランドブックなど、出版社の新たなビジネスも生み出している。

文芸の分野では、ミステリーの登竜門ともいわれる「このミステリーがすごい!」大賞を創設し、新人作家の発掘・育成を行い数々のベストセラー作家を輩出。1998年からは、出版物だけでは伝えきれない「企業として社会に伝えたいメッセージ」を、新聞の見開き広告を使って発信する企業広告も実施しており、多数の広告賞を受賞。SNSで広く拡散されたり、メディアで報じられたりと話題を呼んでいる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。