ファッション

「ロエベ」が表参道店を拡張オープン 仮店舗跡地はキャンディーストアに

ロエベ(LOEWE)」は11月11日、表参道店を拡張リューアルして「カサロエベ表参道」をオープンする。フラッグシップストアをギンザ シックスに移した「ジバンシィ(GIVENCHY)」の跡地も売り場にした同店舗は、国内最大。レザーバッグとアクセサリーが中心の1階、ホームグッズとフレグランスを販売する地下1階、そしてメンズとウィメンズのプレタポルテ売り場の2階という3層構造で466平方メートル。地下1階には、阪急うめだ本店に次ぐ国内2つ目の「ロエベ リクラフト」を併設して、バッグなどの修理も受け付ける。

「カサロエベ表参道」は、クリエイティブ・ディレクターのジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)が監修。表参道店は2014年に現職に就いたジョナサンが初めてストアコンセプトを手掛けた店舗だ。スペインで作ったシルバーやグリーンのタイルを用いて表参道のケヤキ並木を映し出す店舗には、パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)や四代田辺竹雲斎、TSUBAKIらアーティストの作品が同居。さらには世界先行発売する京都の陶芸ユニット、スナ・フジタとのコラボレーションによるホリデーコレクションも並び、さまざまなカルチャーが同居する賑やかな店舗に仕上がった。

11日は、仮店舗だった場所にスナ・フジタの作品をかたどったクッキーなどを販売するキャンディストアを期間限定オープンする(12月26日まで)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。