ファッション

靴磨きチャンピオンが富裕層向け新サービスを引っ提げ、東京進出

高級賃貸レジデンス「ラ・トゥール代官山」で新サービスをスタートした靴磨き職人の寺島直希

「靴磨き選手権大会2019」で優勝した靴磨き職人の寺島直希(29)が11月1日、東京で富裕層向けの新サービスをスタートした。

舞台となるのは、住友不動産が運営する高級賃貸レジデンス「ラ・トゥール代官山」だ。寺島は同社と協業して、22年6月の「ラ・トゥール大阪梅田」開業と共に居住者向けの靴磨きサービスを始めた。好評を受け、23年1月には「ラ・トゥール京都東山」でも同サービスを開始。コンシェルジュと連携して、靴磨きなら1足1万1000円〜、スニーカーのクリーニングなら8250円〜、バッグのメンテナンス(色抜け補修)なら3万3000円〜、レザーウエアのメンテナンス(オイル入れ)なら1万6500円〜で受け付けている。

寺島は、「『ラ・トゥール大阪梅田』は1戸あたり100足以上、多い家庭では数百足の靴を所有しており、革靴だけでも月に100足以上を預かる。『ラ・トゥール代官山』は『ラ・トゥール』ブランドの中でもトップ・オブ・トップであり、あらためて身が引き締まると共に、さらなるポテンシャルを感じている。今後は、レザーや木製の家具のメンテナンスも行う予定だ」と話す。

寺島は京都産業大学在学中に路上靴磨きを始め、卒業後の18年に専門店に就職。19年に「靴磨き選手権大会」で優勝し、20年に自身の店「ハーク キョウト」を京都にオープンした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。