ファッション

「靴磨き選⼿権⼤会」が3年ぶりに開催 世界チャンピオンも参加を表明

⼀般社団法⼈⽇本⽪⾰製品メンテナンス協会は、「靴磨き選⼿権⼤会2023」を実施する。6⽉1⽇にエントリーを開始する。

今大会から、ファーストラウンド(大阪9⽉9〜10⽇、東京10⽉7〜8⽇)とファイナルラウンド(東京11⽉18〜19⽇)の3ラウンド制で競う。大阪での開催は初めてだ。ファーストラウンドには最大64人が出場し、上位6人ずつがファイナルラウンドに進む。

選⼿はクロス(布)やブラシを持ち込むことができ、新品の靴を磨く。過去の優勝者やレザー関係者などからなるジャッジが、テクニカルポイント(基本的な技術)とプレゼンテーションポイント(表現⼒)の2項目で審査する。ファイナルラウンドでは、オーディエンス審査も予定する。

出場希望者はイベント管理システム「ピーティックス」でチケットを購⼊し、エントリーする。

各会場では競技以外に、ワークショップや靴磨き教室などのイベントも行う。また、出場者を掲載する「選⼿名鑑」も発刊予定だ。

今月ロンドンで開催された「ワールド チャンピオンシップ オブ シューシャイニング2023」で優勝し、“靴磨き世界一”の称号を手にした林田直樹「ブリフトアッシュ 札幌」オーナーも出場を表明しており、「日本の靴磨きの技術は最高峰。そこで勝つのは、世界で戦うより難しいだろう。ただし出場するからには当然、今大会での優勝も目指す」と意気込みを語った。

「靴磨き選⼿権⼤会」は2018年にスタート、コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となる。なお、20年までは三越伊勢丹が主催していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。