ファッション

「プーマ」が設立75周年を記念して「スワロフスキー」とコラボ スニーカーとフーディーを発売

「プーマ(PUMA)」はこのほど、設立75周年を記念し、「スワロフスキー(SWAROVSKI)」とコラボレーションしたカプセルコレクション“プーマ フォー スワロフスキー クリエイターズ・ラボ(Puma for Swarovski Creators Lab)”を10月2日に発売した。

同コレクションは、スニーカーとフーディーの2点で構成。スニーカーはフォレストグリーンのスエード製で、アッパー全体にグリーンのスワロフスキー・クリスタルが散りばめられている。フーディーは黒のオーバーサイズで、やはりグリーンのクリスタルで「プーマ」のロゴを描いた。いずれも一部の小売店と、「スワロフスキー」のECサイトで販売しており、価格はスニーカーが450ユーロ(約7万1000円)、フーディーは350ユーロ(約5万5000円)。

「スワロフスキー」は、成長戦略の一環として、さまざまなデザイナーやクリエイターと協業するプロジェクト、クリエイターズ・ラボ(Creators Lab)を2021年に立ち上げた。22年9月には、第1弾としてイタリア発のシューズブランド「アクアズーラ(AQUAZZURA)」とのカプセルコレクションを発表。ほかにも、「ゴールデン グース(GOLDEN GOOSE)」「ジュディス リーバー(JUDITH LEIBER)」「ナイキ(NIKE)」などのブランドと協業している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。