ファッション

「ディオール オム」2015年春夏パリメンズ たった2年前もマリン。そことの違いは何か?

 「ディオール オム(DIOR HOMME)」の2015年春夏メンズ・コレクションは、マリンがベース。序盤は、シャドーストライプをのせた深海のようなブルーのセットアップ。いずれもボックスシルエットのジャケットに、テーパードパンツのコンビネーション。3ルック目は、ボタンの代わりにトグルで開閉するディテール。ここで、今回の「ディオール オム」は、マリンをベースにしていることに気付く。

 マリンと言えば、クリス・ヴァン・アッシュはわずか2年前のコレクションでも、マリン、特に海軍の制服にインスピレーションを得たコレクションを発表したばかりだ。振り返れば、当時もネイビーを基調にユニフォーム性の高いフォーマルを提案し、カジュアルではマリンボーダーのニットを打ち出すなど、今季との共通点は数多い。しかし、2年前はピタピタのタイトシルエットがメインだったのに対し、今回はボックスシルエットのジャケット、Aラインのマリンコート、スーツ地ながらバスケットボールショーツシルエットのパンツなど、厳格だったラインをリラックスにシフトチェンジしている。また、色使いも明るく、トリコロールカラーで作った太いピッチのマリンニットや、カナリアイエローのコートなど、爽やか。2年前の厳格なイメージとは異なるマリンだ。

 後半は、クレヨンで書きなぐったようなモチーフをのせたスーツやデニム。ウォッシュのかかったデニム地からリラックスシルエットのパンツを生み出し、それをクルクルッとロールアップさせてクロップド丈で履きこなす。足元は、ほとんどがトリプルベルクロのスニーカーだ。
 時に厳格すぎた「ディオール オム」のクリエイションは、近年ロマンティックな要素を強めたり、トロンプルイユ(だまし絵)のテクニックでハズしてみたり、そのイメージを緩和する傾向にある。この路線を歩み続け、「ディオール オム」のメゾンワークがあるからこそ生まれるエレガンス・カジュアルにさらに期待したい。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら