ファッション

「シブリング」2015年春夏ロンドンメンズ 90年代の集大成‼グランジ、チーマー、そしてジェンダーレス

 「シブリング(SIBLING)」の2015年春夏メンズ・コレクションは、日本で言うところの「チーマー」、街に溢れる、ワルには徹することのできない青春期の若者が男性像だ。

 ワルのムードは、クロシェ編みで作り、時には花まであしらっているのに、ボディコンシャスなシルエットとシャビー(ボロボロ)な加工を加えたため、男クサいモトクロスパンツとブルゾンなどから醸し出されている。一人のボスを崇拝する体制を否定するチーマーは、全員が同等の存在。そんな事実を匿名性へとつなげ、洋服に大きなフードを配して顔を隠せるようにしたり、そもそもヘッドピースをつけてモデルの顔を見せなかったり。特殊な編み方で作った突起を持つボレロや、ビスコースをくくりつけたフェイクファーのようなニットで作るアイテム群は、「縄張り争い」する動物とチーマーを結びつけた生まれたもの。ビスコースは一束ごと、手編みでニット本体に絡めるクラフツマンシップの結晶だ。それを敢えて汚く見せるグランジのテイストは、トレンドとして台頭した90年代の象徴的アイデア。エプロンのようにスカートを履く、ジェンダーレスな発想も根底に流れている。これもまた90年代だ。

 15年春夏ロンドンメンズは、15年プレ・スプリングとともに発表された。プレは、今回が初めて。ニットという単品に特化していたブランドは、デニム、そしてプレコレと着実にビジネスを広げている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら