ファッション

リシュモンが高級シューズブランド「ジャンヴィト ロッシ」の過半数株式を取得

「カルティエ(CARTIER)」や「ヴァン クリーフ&アーペル(VAN CLEEF & ARPELS)」などを擁するコンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT以下、リシュモン)は、イタリアのラグジュアリーシューズブランド「ジャンヴィト ロッシ(GIANVITO ROSSI)」の過半数株式を取得し支配株主となった。取引額などの契約条件は非公表。創業者であるジャンヴィト・ロッシ(Gianvito Rossi)最高経営責任者(CEO)兼クリエイティブ・ディレクターも、引き続き同ブランドの株式を保有する。

今回の取引は、リシュモンがベルギーのラグジュアリー・レザーグッズブランド「デルヴォー(DELVAUX)」を買収し、ファッションやアクセサリーブランドからなる同社の“その他”の事業分野の強化を図った2年後に行われた。現在、同分野には、「クロエ(CHLOE)」「アライア(ALAIA)」「ダンヒル(DUNHILL)」「AZファクトリー(AZ FACTORY)」「モンブラン(MONTBLANC)」「セラピアン(SERAPIAN)」などが含まれる。フィリップ・フォルトゥナート(Philippe Fortunato)=リシュモン ファッション&アクセサリー メゾンCEOは「何よりもまず、これはパートナーシップだ」とし、ロッシCEO兼クリエイティブ・ディレクターが培ってきたサヴォアフェールや独創性あふれるセンス、スタイル、快適さを称賛。それを現在は娘のソフィアに伝えていることを挙げ、「リシュモンは、ファミリーの発展をとても大切に考えている」と話す。

また同社は、市場を席巻している“クワイエット・ラグジュアリー”の流れと、その中での靴専門ブランドの可能性を信じている。「ハイエンドシューズ市場は、ラグジュアリーの発展において極めて重要なフロンティアになるだろう。私たちは、顧客がより多くの靴を購入しているという根本的な傾向を目の当たりにしている」と、フォルトゥナートCEOは説明。近年、多くのラグジュアリーブランドはスニーカーに重点を置いてきたが、「洗練されたエレガントなシューズが今後、非常に強く加速していくと見ている」と付け加える。

一方、ロッシCEO兼クリエイティブ・ディレクターは「世界中に小売ネットワークを構築し、非常に高いレベルで顧客に素晴らしいサービスを提供できるパートナーを探していた」という。そして、ラグジュアリー市場における競争の激化を挙げ、オブジェとして鑑賞したり手に取ったりするのと同様に履いても“心地良い”ハンドメードシューズのデザインと制作にさらなる力を注ぎたいと明かす。

「ジャンヴィト ロッシ」は、著名シューズデザイナーである父のセルジオ・ロッシ(Sergio Rossi)から靴作りを学んだジャンヴィト・ロッシが2006年にイタリアで設立。08年にミラノに初の路面店を開き、現在はローマ、パリ、ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス、東京、香港、ソウル、ドバイ、北京など世界に36店舗を構えている。また、セルフリッジ(SELFRIDGES)やバーグドルフ・グッドマン(BERGDORF GOODMAN)といった主要百貨店や「ネッタポルテ(NET-A-PORTER)」などのオンラインショップでも取り扱われている。市場関係者によると、22年の売上高は1億ユーロ(約153億円)弱で、新型コロナウイルスのパンデミック前の水準を上回ったという。また、経営状態は良好であり、利益を上げていると見られる。

フォルトゥナートCEOは、「ジャンヴィト ロッシ」がまだわずかにしか展開できていないアジア市場において、リシュモンが不動産と小売の専門知識を提供し、オムニチャネル戦略の発展をサポートできると言及。ハンドバッグとレザーグッズを当面の優先事項とし、製品ラインアップを拡大することもほのめかした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。