ビューティ

ドラバラはリップで「ケイト」が圧勝 SNSでバズったコンシーラーブラシも上位に「WWDBEAUTY 2023上半期ベストコスメ」を考察

「WWDJAPAN」6月26日号の付録「WWDBEAUTY」とニュースサイト「WWDJAPAN.com」では、「2023年上半期ベストコスメ」を発表している。2023年上半期は、百貨店やバラエティーショップ・ドラッグストア、ECポータルサイト39店舗の協力を得て1〜4月に売れた商品をリサーチし、新商品(ニュープロダクト)と総合(ヒーロープロダクト※新商品も含む)を表彰。13カテゴリーのトップ3が出そろった。

リップは「ケイト」が圧勝

バラエティー・ショップ・ドラッグストアチャネルでも注目すべきはリップ部門。マスクの自由化によって需要が高まっている。その中で「ケイト(KATE)」の“リップモンスター”が新商品・総合とも1位を獲得し、無双状態だった。艶や発色の良さがありながらマスクにつきにくい処方が引き続き支持され、シーズンごとに新色を投入する仕掛けも多くの女性の心を掴んだ。2、3位では韓国や中国ブランドがランクインし、話題の“粘膜リップ”を表現できるとして支持を集めたようだ。

毛穴ケアのニーズに対応したクレンジング・洗顔料が人気

マスク着用の期間が長く続き、蒸れから毛穴の開きを気にする人が増え毛穴ケアアイテムの需要が高まっている。クレンジング・洗顔は毛穴汚れを落とし、次のスキンケアステップの浸透を促すためにも重要な位置づけ。総合1位の「メラノCC」“ディープクリア酵素洗顔”や新商品1位の「ビオレ(BIORE)」“ザクレンズオイルメイク落とし”などは、バイヤーから「マスク着用で毛穴ケアを意識する顧客が増えたことが影響している」「毛穴に入り込んだメイク汚れまでしっかり落とせる」などの声から選ばれた。2、3位も毛穴ケアにフォーカスした商品となっている。

SNSでバズったコンシーラーブラシが首位

美容機器・ツール部門は百貨店やECではドライヤーなどがランクインしていたが、バラエティーショップ・ドラッグストアはブラシとスポンジが上位を占めた。SNSでも多く取り上げられているコンシーラーブラシが1位を獲得。コンシーラーは手で塗布するより、ブラシを使用した方がムラなく塗れ、カバーもしっかりできるとして愛用者が増えている。新商品ではリップに続き「ケイト」“コンシーラーブラシ”が支持を最も集めた。SNSでは「#クッションスタンプブラシ」と多くの投稿があったという。総合1位の「ロージーローザ(ROSYROSA)」“マルチファンデブラシ”は、「プチプラで優秀とSNSで話題になった」とのバイヤーの声。2、3位もブラシとスポンジがランクインし、ツールを用いてメイクをする人が増加したのを反映したランキングとなった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。