ビューティ

「THREE」のリキッドアイシャドウが5年ぶりにリニューアル 3つの質感で全8色展開

スリー(THREE)」は8月9日、リキッドアイシャドウ“アルカミストツイストフォーアイ”を、3つの質感で表現する“ユナイテッドフルイドアイカラー”(全8色、各3850円)に刷新する。リキッドアイシャドウの刷新は5年ぶり。乳液のようなテクスチャーで重ね使いすることで奥行きとニュアンス、透明感も演出する。

“アルカミストツイストフォーアイ”は2018年に誕生。1本でさまざまな表情を出せるとして支持されてきた。今回、2023年秋コレクションのテーマである個性を尊重する「ビヨンド フルイディティ」に基づき、“ユナイテッドフルイドアイカラー”を開発した。2009年のブランド誕生以来メイク商品でこだわってきた発色とテクスチャー、グレーに立ち返り、ナチュラル・シアー・ブリリアントと3つのテクスチャーで目元を演出する。乳液のような滑らかなテクスチャーを実現するミルキータッチ処方を採用したほか、ウォータープルーフ処方により付けたての発色をキープする。リエ・オモト(Rie Omoto)グローバル・クリエイティブ・ディレクターは「透明感やしなやかさ、光りと影が角度によって変化を生むグレーにこだわった。今後、“ユナイテッドフルイドアイカラー”をコアにしながらメイクアップアイテムを進化させる」とコメントした。

なお、同日にはマスカラ“ワイズアイズパースペクティヴ マスカラ”(全4色、各4400円)とアイブロウ“アドバンスドアイデンティティ ブラウシェーピングデュオ”(新1種、限定1種、各4180円)、“アドバンスドアイデンティティ アイブラウペンシル”(新1色、3850円)も発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。