ビジネス

マッシュビューティーラボ新社長に「ジェラート ピケ」「スナイデル」を育てた豊山氏

 マッシュホールディングスは4月1日、役員人事を発表した。子会社マッシュビューティーラボ社長に、現マッシュスタイルラボ取締役の豊山YAMU陽子氏が就任した。近藤広幸社長は会長職に就く。マッシュスタイルラボでは、楠神あさみ取締役企画本部長が副社長に昇格した。

 マッシュビューティーラボは、2022年8月期売上高が前期比横ばいの164億円と、成長が足踏みしている。豊山新社長は、グループ創業期に「スナイデル(SNIDEL)」「ジェラート ピケ(GELATO PIQUE)」「フレイ アイディー(FRAY I.D)」といった主力ファッションブランドの立ち上げ・拡大に寄与してきた経験を生かす。これまでビューティブランドを手掛けた経験はないものの、「新しい事業を作る構想力や推進力、周りを巻き込む能力」(同社)を発揮することが期待される。また豊山氏は同社のリテール企画本部長を兼任。「コスメキッチン(COSMEKITCHEN)」「ビープル(BEOPLE)」といった小売業態の売り場編集力と企画力を底上げする。

 マッシュスタイルラボの楠神取締役は、長らくファッション事業全体の統括、デザイナーの管理・指導に携わってきた人物。副社長選任の理由については、「モノ作りに携わる企業として、クリエイティブのトップが経営にも深く携わることで、より正しく力強い成長が見込めるため」(同社)としている。

 マッシュグループは各事業部門を13年に分社化して以降、基幹事業を担うマッシュスタイルラボとマッシュビューティーラボについては、親会社マッシュホールディングスの近藤広幸社長が両社のトップを兼任してきた。マッシュスタイルラボに関しては、これまで副社長職を設けていなかった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。