ファッション

【スナップ】「コム デ ギャルソン」の“原点回帰”を見届けたショー来場者は何を着た? レトロな花柄の多彩な着こなしに注目

 「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」は、パリ・ファッション・ウイーク期間中の3月4日(現地時間)、2023-24年秋冬コレクションを発表した。川久保玲デザイナーは今季、「はじまりに立ち戻ることで、新しいものが生まれる」ことを表現するため原点回帰。ベーシックな素材と自由なパターンで、ブランドの今を体現する抽象的なシルエットのドレスを作り上げた。

 ショーの来場者は、やはり黒とボリュームで遊ぶ構築的なシルエットを取り入れた人が中心。そんな中、「コム デ ギャルソン」着用者の中で目を引いたのは、23年春夏コレクションのレトロな花柄生地で仕立てたアイテムだ。特にコクーンシルエットのスカートは、“アイテム被り”が続出。「コム デ ギャルソン・コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS COMME DES GARCONS)」の黒地に白の抽象的なフラワーモチーフをあしらったケープジャケットと「プラダ(PRADA)」の黒の厚底ローファー、「コム デ ギャルソン ガール(COMME DES GARCONS GIRL)」のフリル付きハンドバッグを合わせたモードなスタイルから、ピンクの「コム デ ギャルソン ガール」×「ルイスレザーズ(LEWIS LEATHERS)」のライダースジャケットと「コンバース(CONVERSE)」の“チャックテイラー”をコーディネートしたカジュアルなコーディネートまで、さまざまな着こなしが見られた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。