ファッション

類の無い有機的なフォルムで独創性を追求する「コム デ ギャルソン」のショー来場者スナップ

 「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」が10月1日(現地時間)、2023年春夏コレクションをパリで発表した。会場となった、かつてエールフランス(AIR FRANCE)の本社だった建物周辺は、同ブランドらしい有機的なフォルムに身を包んだ来場者で賑わった。黒を基調としているが重苦しさや威圧感はなく、膨らみの中には強さと優しさを忍ばせているようだった。洋服に負けず劣らず、独創的なフォルムのハットとヘッドピースも印象的だ。ショーには、リック・オウエンス(Rick Owens)とミシェル・ラミー (Michele Lamy)、シモーネ・ロシャ(Simone Rocha)といったデザイナーと、日本から「ヴォーグ ジャパン(VOGUE JAPAN)」ヘッド・オブ・エディトリアル・コンテントのティファニー・ゴドイ(Tiffany Godoym)やモデルの秋元梢が来場した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。