ファッション

“古着の街、下北沢”に満を持して進出 「古着屋ジャム」が3月30日にオープン

 「古着屋ジャム」を運営するJAM TRADING(大阪、福嶋政憲社長)は3月30日、下北沢店をオープンする。2021年5月に開店した原宿店に続く都内2店舗目だ。

 福嶋社長は、「売り場面積は約200㎡と既存店(平均380㎡ほど)に比べてコンパクトだが、その分“濃度”を増し、一方で古着屋ジャムのモットーである“初心者からマニアまで楽しめる店”にしたい。そのため、幅広い品ぞろえにこだわる」と話す。

 また店長、副店長に20代女性を起用することについては、「当社は“古着の街、下北沢”で最後発となる。古着ブームも落ち着きつつある中、新たな層にアプローチしていければ」と述べる。

 古着屋ジャムは東京、大阪、北海道、宮城、愛知、京都、広島、福岡、熊本で13店舗を運営する。

 JAM TRADING は4月27日に、“低価格でエコ”を切り口とする別業態「ロエコ・バイ・ジャム」でも下北沢に出店する。

■古着屋ジャム下北沢店
オープン日:3月30日
時間:11:00〜20:00
定休日:無休
住所:東京都世田谷区北沢2-31-7 アビティ下北沢2階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。