ファッション

現代アーティストのダニエル・アーシャムが時計「ウブロ」のアンバサダーに

 スイスの時計ブランド「ウブロ(HUBLOT)」は、米国人現代アーティストのダニエル・アーシャム(Daniel Arsham)をアンバサダーに指名した。

 アーシャムは、「長年にわたり『ウブロ』、そして『ウブロ』が現代アートの分野で支援するプロジェクトに大きな関心を寄せていた。また、時計製造にまつわるデザインや、工芸に対する独創的なアプローチをとても素晴らしいと感じていた」とコメント。

 パートナーシップを記念してアーシャムは、「ウブロ」のデザインコードを反映した20mの日時計を、マッターホルンを望むスイスの山岳リゾート地ツェルマットに制作。「物理的に時間のはかなさを感じさせるものだが、これを見るために登山する全ての人にとって、時間を超えた記憶を作り上げるという意味において、永続的なものと言えるだろう」と述べる。

 アーシャムは1980年9月8日生まれ、米国・オハイオ州出身。今はニューヨークを拠点に活動中で、絵画、彫刻、映像とボーダーレスな作風で知られる。これまで「ディオール(DIOR)」メンズ・アーティスティック・ディレクターや「フェンディ(FENDI)」ウィメンズ・アーティスティック・ディレクターを務めるキム・ジョーンズ(Kim Jones)、「ティファニー(TIFFANY & CO.)」「ポルシェ(PORCHE)」、ポケモンなどとコラボ。

 一方、「ウブロ」とアートの関係も深く、村上隆と協業して時計を製作・販売するなどしてきた。リカルド・グアダルーペ(Ricardo Guadalupe)=ウブロ最高経営責任者は、アーシャムを「現在、最も影響力があり、人気の高い現代アーティストの一人」と評する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。