ファッション

熟練技×テクノロジー 新潟・第一ニットの極上ハイゲージ【メード・イン・ジャパン特集】

有料会員限定記事

 日本に流通するニットは現在、約99%が輸入品。残りわずか1%の希少な国産ニットの生産量の約3割を占めるのが新潟県だ。県の中央に位置する見附市は、最盛期(1990年前後)には70〜80社ものニットメーカーがあったが、選別淘汰が進み、現在残るは10数社のみ。そんな同市でも、長い歴史と最新技術を持つのが第一ニットマーケティング(近藤英雅社長、以下第一ニット)。1951年に創業し約70年の歴史を持つこのファクトリーは、その高品質なモノ作りから国内外のハイブランドからの生産依頼が絶えない。

 第一ニットの最大の強みが、ハイゲージニットに特化した製造ライン。生産をハイゲージ専業へとかじを切ったのは今から約20年前。安価な外国製編地の流入が国内産地を脅かす中、中国をはじめとしたアジア諸国ではハイゲージニットを作る技術がなかったことから、大勝負に出た。「生き残りをかけた策だった」と第一ニットマーケティングの伊藤幸夫・営業一部部長は振り返る。最新設備への投資を惜しまず、“最も美しい編み目を作り出す”と言われる独・Scheller社製のフルファッション機(以下、FF機)を導入した。FFとは、人の体に合うように編み目を増やしたり、減らしたりしながら立体的に編み上げる成型編みの一種。一般的な編み機とは異なり、同時に最大12枚もの編み地を作ることができる。だが長さ10m超えの大型機のため、高額なだけでなく、そのメンテナンスや調整に手間を要する。日本では第一ニットのみ、世界でも数台しかない。

「最後は人の手」

この続きを読むには…
残り2612⽂字, 画像9枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。