ファッション

“短命化”が進んでいる? 現代のクリエイティブ・ディレクター

有料会員限定記事

 2022年は、「グッチ(GUCCI)」のクリエイティブ・ディレクターを7年にわたって務めたアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)をはじめ、デザイナーの交代が相次いだ。その理由としては、同族経営が長く続いてきたブランドの経営陣交代に伴う再編や次世代へとつないでいくための若返り、業績改善を目的としたクリエイティブ部門の刷新などが挙げられるが、米「WWD」によれば、以前よりもさらに目まぐるしくトレンドが変化する中でクリエイティブ・ディレクターの“短命化”が進んでいるのではないかという。ここでは、主要ブランドのデザイナーを現職の在任期間順にリストアップし、その背景などを分析した。(この記事はWWDジャパン2023年1月23日号からの抜粋に加筆をしています)

 2023年1月5日時点のデータに基づき米「WWD」が作成。創業デザイナーや創業家出身のデザイナーを除き、およそ40ブランドのウエアのデザイナーを対象としている。※のピエールパオロ・ピッチョーリは08年からマリア・グラツィア・キウリと共に「ヴァレンティノ」のクリエイティブ・ディレクターを務めてきた。ピッチョーリ一人体制となってからの年数が7年

この続きを読むには…
残り3145⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。