ファッション

ついにトレンドが回転しだした 気持ちが高揚するファッションに期待【展望2023】

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」は、11のトピックスから2023年を大胆予測する。トピックスは、デザイナーの就任・退任劇、国内トレンド、国内アパレル、海外ニュース、次世代富裕層、メタバース、スポーツ、サステナビリティ、Z世代、ビューティ業界のM&A、そしてヘアカラー。次世代富裕層以降のキーワードは、いずれも22年までに急速に広がり、ビジネスを語る上で欠かせないトピックスとなった(この記事は「WWDJAPAN」2023年1月2&9日合併号の抜粋です)。


木村和花編集部記者(以下、木村):リアルトレンド特集を担当する本橋記者が2022年を振り返って印象的だったことは?

本橋涼介編集部記者(以下、本橋):ウィメンズ市場では、トップスの丈が顕著に短くなった。クロップド丈のトップスは40代にまで広がり、おなかを出さないまでもレイヤードスタイルを楽しんでいる人が多かった。ボトムスはロングスカートがしばらくトレンドだったが、ミニ丈やパンツにガラッと変わった。

木村:21年冬に渋谷でスナップをしたときは、圧倒的にマーメイドスカートが多かったのを覚えている。

本橋:コロナ禍でベーシックが支持されたこともあり、もはやトレンドが生まれないといわれたこともあったが、やっとトレンドが回転し始めた気がする。

美濃島匡編集部記者(以下、美濃島):メンズもセレクト各社からは、鮮やかな色や柄物が動いていると聞く。着て気持ちが高揚したり、存在感があったりするものが求められ、ファッションを楽しみたいというムードの広がりを感じる。

木村:コスト高やサステナビリティの流れも影響して、各社は供給量を絞って一つ一つの商品の提案力を高めようと努めている。そうした各社の打ち出しが、ファッションのパワーを求める生活者にさらに響くはず。

美濃島:セレクトショップなどではスーツ売り上げも好調と聞く。長らくスーツが売れないといわれてきたが、オンのシーンが戻り、一張羅を買い直す人が多いようだ。百貨店やセレクトの売り場では、コロナ前の水準を超えているところもあるそう。機能スーツやリラックスしたシルエットだけでなく、クラシカルなスタイルも復活しているよう。ウィメンズでもジャケットスタイルは人気?

この続きを読むには…
残り2380⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。